なぜウォックスが水なのかわかりますか?

酸素でも水に溶けてないと消化管から吸収されないからです。

酸素を体内に効率的に取り込むためには… 口から入れた食べ物も水に溶けてないと、栄養分として体内に吸収出来ません。 同じように、酸素も… 衝撃や消化酵素、胃酸、熱(体温)の過酷な環境をクリアし、 消化管から効率的に吸収するためには、水にしっかり安定して溶けてなくてはならないのです。 その考えのもと、特殊な技術で酸素を純水に溶かし、溶解型酸素として安定させる事に注目し WOXの開発は始まりました。

世界初 最先端テクノロジーで酸素を体内の細胞レベルへ届けるウォックス

まったく新しい身体の隅々まで酸素を届けるテクノロジー。

微細にして幾つかの水分子で酸素分子をくるんだ特殊製法で作られるWOX。これにより、消化管の細胞膜のアクアポリンという小さな穴から酸素を取り込むことに成功し、肺呼吸以外で酸素を身体に取り込むことを可能にしました。WOXは、激しい運動後などの酸素補給に適しています。
アクアポリンという細胞膜の穴は水分子を通過させることができるため、水分子にくるまれた酸素分子も一緒に吸収されます。
WOXは「水に溶けた酸素」です。溶存酸素は40ppm以上含まており、酸素が非常に安定に配合されています。カロリーゼロで安心してお飲み頂けます。 WOXを飲むことで吸収された酸素は、溶解型酸素として血液や体液にのって体中にすみずみまで行き渡り、酸素の届きにくい末端の細胞にまで到達します。
オレンジのトンネル状の箇所がアクアポリン

酸素の役割 私たちの体の中で酸素は何をしているの?

酸素の役割

私たちが食べたものは栄養分として水に溶けた状態で細胞内のミトコンドリアという エネルギー生産工場に運ばれます。これを酸素で燃やしてエネルギーを作るのです。 こうして作られたエネルギーのうち約80%が体温維持に使われ、 残りの約20%が活動エネルギーとして使われます。 人間が生きていくためのエネルギーは酸素によってもたらされるのです。 酸素を摂取する方法は二つあります。 ひとつは呼吸によって肺から体内に取り入れる方法、 もうひとつはWOXのように水などに溶かしこみ飲み消化管から取り込む方法です。 前者の酸素は「結合型酸素」といい、体内酸素量の約98%を占めていますので、 しっかり取り込む必要があります。 しかし地球規模で空気中の酸素が徐々に少なくなっている現状では、 なかなか難しくなっています。 そこで後者の「溶解型酸素」が酸素不足を補うものとして注目されています。 肺からだけでなく、酸素を溶かし込んだ水を摂取することによって、 より多くの酸素を取り込むことができます。

酸素の大切さ

人間は3〜4週間食べなくても、生きることが可能です。 水は3日間ぐらい飲まなくても耐えられます。 しかし、酸素は供給が断たれると、わずか数分で死に至ります。 なぜそれほど短時間で死んでしまうかというと、酸素は身体にためておくことができないし、 酸素がないと生きるためのエネルギーを作れなくなるからです。 特に、酸素の消費量の多い脳はダメージが大きく、酸素がないとすぐに活動できなくなり、 2〜3分で再起不能になってしまいます。 人間にとって酸素がもっとも重要といわれるのは、エネルギーの生産に深くかかわっているからです。 数年前まで水は無料で手に入るものと考えられていました。 ですが、現在はほとんどの方が飲料水はペットボトルの水を購入されているのではないでしょうか。 酸素もゆくゆくはそのようになってしまうと考えられています。 太古の昔、地球上は酸素が充満しており、動植物が巨大化したりした時代がありました。 そこから戦争や産業革命を経て、地球上からだんだんと酸素が減り、 100年前と比べても、現代は大気中の酸素濃度は減り続けています。 その状況の中で、運動不足、ストレス、加齢、病気などで更に酸素不足が起こっているとしたら・・・ 野口英世博士は、 すべての病気の原因は酸素欠乏症である」と100年前から言っています。 この言葉が皆さまに届き、皆さまの生活の質(Quality of Life)向上に少しでも お手伝いができればと願うばかりです。